teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/333 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

『恐怖小説史』ノート ちょっとした情報

 投稿者:悲張正太郎  投稿日:2018年 7月21日(土)23時26分46秒
  通報 返信・引用 編集済
  『恐怖小説史』114頁では「R・Sの『新破戒僧』、」とだけ記されていて、一応調べたのですが発表年しか分からなかったので

114 R・S 『新破戒僧』 R.S. The New Monk (1798) ※R.S.については不明.

としていたのですが、このR・Sという作者が当時のゴシック作家のRichard Sickelmoreである可能性があるようです。いくつかの書籍(販売)サイトでThe New Monkの著者名として掲げているだけで、証拠があるわけではないのであくまでも可能性ですが。
Richard Sickelmoreは生没年もちょっと調べたくらいでは判明しませんでした。今では忘れられた作家のようです。The New Monkがドイツの出版社から2009年に出版された時に著者名がRichard Sickelmoreとされたようです(が、それが最初かどうかは不明)。
https://books.google.co.jp/books?id=bHE4vgAACAAJ

で、もしかしたらその根拠かもしれないものが下記のサイトに出ていますので本の詳細部分をコピペしてみます。
http://www.worldcat.org/title/new-monk-a-romance/oclc/6969240

--------------------------------------------
詳細
ジャンル/形式: Parodies, imitations, etc
関連の人物: M G Lewis; M G Lewis; M G Lewis
資料の種類: Fiction
ドキュメントの種類 書籍
すべての著者/寄与者: R S, esq.; R S, esq.; Richard Sicklemore
この著者についてさらに詳しく:
OCLC No.: 6969240
メモ: Summers, Gothic Bib., p. 443; Blakey, Minerva Press, 1790-1820, p. 185.
This work is a close parody of The monk by Lewis and may have been written by Richard Sickelmore [sic]--Summers, The Gothic Quest, pp. 245-6, and p. 302.
物理形態: 3 volumes 17 cm
責任者: By R.S. esq ...
--------------------------------------------

さて、どうなんでしょうね。
Richard Sicklemoreは最初の作品とされるのが
Edgar; Or, the Phantom of the Castle (1798)
ですから時期としてはThe New Monk (1798)と重なりますね。それ以前にも戯曲を書いていたようです。以後の作品を知り得た範囲で書いてみますと、

Quarter-day; an interlude. First performed at the Theatre, Dover. (1798)
Agnes and Leonora: A Novel (1799)
Mary-Jane: A Novel (1800)
Raymond: A Novel (1801)
Rashleigh Abbey or, the ruin of the rock : a romance (1805)
Osrick, Or, Modern Horrors: A Romance (1809)
History of Brighton and its environs : from the earliest period to the present time (1827)※第5版出版時

と忘れられた割にはまあまあありますね。
この中であれっ? と思うのが
Osrick, Or, Modern Horrors: A Romance (1809)
ですね。なんとModern Horrorsですと。もちろん今(辛うじて?)通じるジャンル的な意味でのモダンホラーとは関係ないですが、「現代の恐怖」という副題が付いているのは(最初かどうか、また最古かどうかは別として)興味深いですね。
ラドクリフの『ユドルフォの秘密』が出たのが1794年で、その影響を受けた似たようなタイプの後追いのゴシック小説がたくさん出たのが十数年続いたとすれば、1800年代という新しい世紀に入ったこともあり「これが現代の恐怖だ」と考える作家が現れても不思議ではないような気がします。いや、これは根拠のないただの妄想ですけど。

さてこんな長々と書いたのは「『恐怖小説史』ノート」には書けないし、情報としてサラッとどう書けばいいのかよく分からなかったからでもあります。ま、Richard Sickelmoreである可能性ありとだけ書いておきましょうか。あ、Osrick, Or, Modern Horrors: A Romanceは第1巻がネット上でも読めるようです。私は読めませんが。ではまた。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/333 《前のページ | 次のページ》
/333