投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


最近したこと感じたこと その247

 投稿者:矢ノ上治郎  投稿日:2017年10月15日(日)09時35分14秒
   2,3日前まで真夏並みの暑さが続いたかと思えば晩秋の気温に年寄り?には
この変化に対応できない。

 雲の話、秋は空が澄んで、雲の位置が高い。雲好きにはたまらない季節です。
と気象予報士のTさんは語るイワシ雲やさば雲に秋を感じるが、この季節はなんと
いっても夕焼け雲がいい。
 青空高う散る雲は細い巻雲、真綿雲、鳥の羽のような靡き雲 北原白秋は一編の詩に
十数種類もの雲を詠み込んだ。耳慣れない名ではあっても、その響きから空に浮かぶ
姿を想像するのは楽しい。
                  10・9天声人語 より


 

連絡

 投稿者:川並 俊博  投稿日:2017年10月 6日(金)07時05分7秒
  グリーンクラブの本日のハイキングは、中止です。  

最近したこと感じたこと その246

 投稿者:矢ノ上治郎  投稿日:2017年10月 2日(月)15時31分1秒
  9月30日、やまと郡山城ホールで開かれた 奈良タンゴ祭 を聴いた。ほぼ3年ぶり、2回目
の開催とのことです。今回は 国民文化祭・奈良大会 応援事業として実施されました。
 出演は8楽団20数名で盛り沢山の内容でした。知っている曲は ラ・クンパルシータ、
エルチヨクロ、水色のワルツ位で他はオりジナルのものでした。メンバーは大半が関西の方
で関東からも来ていました。

 来年2月17日に奈良でのタンゴコンサート、バンドネオン奏者では日本で有名な
小松亮太がメンバーの一員と聞き前売り券を求めました。今から楽しみです。


 (我が家の菜園)
  いよいよ冬野菜のシーズン9月10日に大根とカブラの種をまきました。20日には
  白菜とブロッコりーの苗を植えました。昨日はキャベツの苗そしてホウレンソウの種
  をまきました。
  プランターにはレタス、春菊を栽培します。
  このところ気温も高く天気もよいので順調な生育ぶりです。
 

最近したこと感じたこと その245

 投稿者:矢ノ上治郎  投稿日:2017年 9月22日(金)19時05分18秒
編集済
   今日93歳で亡くなられた 田口江左美 さんとは実に長いそして不思議な縁でつながって
いる。53年前の昭和39年梅田支店勤務の時S信用金庫の研修会を田口さんが支配人をしていた
箱根高原ホテルで実施した。数班に分かれて2泊3日、相当な人員の宿泊私も長期滞在、田口
さんに何回か小涌園のビヤガーデンに誘ってもらった、これが最初の出会い。
 昭和49年田口さん ホテルサンフラワー札幌の設立の命をうけて赴任、私も北海道営本に転勤、地鎮祭などでお目にかかる機会がふえた。昭和59年から10年間天理教団参セールスで
投宿人生論?などを語りあった。
 平成9年から昨年まで毎月の文通が続いた、ある月刊誌に筑波大学村上教授(私の天理高
1年後輩)の対談の記事を送っていただいた。私は感想やいろんな資料を送りおりにふれ
電話で語り合い10歳年上の大先輩に親しくしていただいた。

 最後に会っあったのは平成15年御殿場でした、入社同期会で箱根高原ホテル泊まった
翌日実に長い間話し合いました。2年前にも河口湖での翌日、再会を約束しましたが
体調を崩され実現できず残念でした。

 本当に長い間のお付き合いいただきありがとうございました

 

パソコンクラブ幹事のこと

 投稿者:矢ノ上治郎  投稿日:2017年 9月21日(木)14時11分0秒
   私も富山さんと同じ意見ですが・・
外山さんの企画・案内・実施・・・すべての面ですばらしくいつも
楽しみにしております。来年も是非担当をお願いします。私は老骨で
ご迷惑かけることも多いですが、春・秋の企画を心待ちにしていますので
是非続けてやってください。
 

PCクラブ 幹事殿

 投稿者:富山 嘉一  投稿日:2017年 9月20日(水)17時51分21秒
  「千日回峰行」満行----- の記事を見ました。


「ワタシもボチボチーーーー」云々と、言われておりますが、この満行はまだまだ! ですよ-。
 ** 我々はあなた様の企画を首を長ーくして、待っております。
 他の方々も恐らくそう!だと思いますが、  どうかまだまだ続けていって下さい

http:// 

 

祝☆千日回峰行:満行

 投稿者:外山秀夫  投稿日:2017年 9月20日(水)14時01分21秒
編集済
  比叡山延暦寺の荒行「千日回峰行」に2011年から挑んでいた釜堀浩元師が18日に見事満行されました
7年もの歳月をかけて地球一周にあたる約4万キロを踏破し、2年前の「堂入り」を経て満行です
釜堀師は『北嶺大行満大阿闍梨』と称され、生身の不動明王となられます

堂入りの記事は、2015年10月に書いてます
http://8144.teacup.com/yuclubkannsaipc/bbs?page=23&

さてさて、ワタクシもボチボチ「堂入り」に籠ります
関西支部所属、パソコンクラブ活動で10数年~まもなく区切りのいい年齢になるので今が潮時
2008年5月から開始した「極みの京都・撮影散歩」も10年、洛中洛外を巡り歩いた楽しい時間
千年の古都に眠る歴史や文化に触れ、学び、撮り、歩いた散策が想い出深いですね

しかし、会員の高齢化は避けがたく1年1年が身体能力を低下させる現実があります
「クチは達者でも足腰が弱まる」哀しさ!
関西支部の活性化をと、当掲示板にもせっせせっせと臆面もなく書いてきたが、投稿者も固定化され寂しい限り

関西支部と銘打ってる掲示板なので、支部役員をはじめ沢山の会員参加を切望します

▼満行:比叡山延暦寺・千日回峰行(読売転載)
 

最近したこと感じたこと その244

 投稿者:矢ノ上治郎  投稿日:2017年 9月 6日(水)15時54分33秒
  ある新聞の土曜日の別冊に 自分の葬儀は必要ですか?というテーマが出ていた。
はいが44パーセント、いいえが56パーセントでした。
はいの理由 1 家族に気持ちの区切りをつけて欲しい 523人
      2 生前の付き合いがある        251人
      3 最後くらい見送って欲しい      231人
いいえの理由 1 ひっそりと終りたい        511人
       2 形式張ったことはしたくない    489人
       3 お金がかかり家族に迷惑がかかる  434人

 葬式については百人百様の考え方がありどちらが良いとはいいきれない。
 最近の傾向としては家族葬の形式が圧倒的に多いようです。
 葬式は人生劇場の緞帳をおろすセレモニー、私個人的にはやってほしいと思っている。

 家内や家族にはまだ私の意向を伝えていないがなんらかの形で話すつもりです。
 皆さんはいかがですか?


 我が家の花壇
 3年前に伊勢原市か嫁入りしたシロガネヨシ(英名パンパスグラス)2メートルくらいに
 なり羽毛のような花穂を沢山つけている。

 デュランタ・タカラヅカが美しく咲いている、そして定番のコスモスはこれからが
 見ごろです。
 

Diversity:多様性

 投稿者:外山秀夫  投稿日:2017年 9月 2日(土)11時53分59秒
編集済
  おそらく、これからの日本社会の重要なキーワードになる言葉が『ダイバーシテイ』です
一言で翻訳するなら「多様性」です

国籍、人種、言語、性別、学歴、価値観などの違いを認め、その多様性を受け入れて生産性を高め、企業成長の原動力となるべく積極的な人材を活用するマネジメントが絶対必要な時代です
グローバル事業、ベンチャー企業では「世界の頭脳」多彩な人材が活躍してます
社内の共通言語は「英語」
マーケットは70億人の世界です

近年、小池都知事も「ダイバーシテイ」の言葉を使いましたが、実は世界では30年も前から注目されてる言葉です
日本生まれの企業でも外国人の役員の存在は多数ありますし、その逆もまた珍しくありません

AIやロボット技術のますますの発達は、社会を、日常生活を、働き方を大きく変革するのは間違いありません
グローバル世界で生き抜くには、単一言語ではなく2か国3か国語の習得は必須です
ニッポンの常識は世界の非常識であるかも分かりません

「1億総活躍」とか「女性活躍社会」とか標榜することこそが我が国の現実、世界を見る視野の狭さを裏付けます
能力を生かし、能力を発揮するのに「男女の性差」「国籍の別」「肌の色」「健常身障」などはまったく問題ないのです

幸か不幸かニッポンは単一民族国家の意識が強すぎる
東洋の果て、極東に位置する小さな島国…他国の植民地にはなってない稀有な国の平和国家です
それだけに「他を排除」する意識が心の中にないとは言えない
自分とは違うものに対して、差別・偏見の「悪魔の無意識心理」が働く人が世間にはまだまだ存在する
人間相互には「価値観の違い」は当然あり、アタマから反発否定するんではなく、先ずは受け入れる寛容性が大事です
お互いにその「多様性」を認めることから始めないといけない

日本人が海外旅行した相手国では、ワタクシたちは「外国人」です
その国の文化や歴史を学び、異なる環境、生活習慣や食に新たなる発見がある
同時に、ニッポンの良さも再認識することが多々ある
経済力を示す指標に「GDP」があるが、それが「国力」を表わす絶対では決してない

つまり、分かりやすくいうと日本人にも超富裕層、カネモチは世間にはナンボでも存在する
財産資産の多寡が「人間性」「幸福度」を測るモノサシでは決してないのと同じです
腐るほどカネを持っていても心の内が淋しく、貧しい人がいるに違いない
『品性』は、カネでは買えず一朝一夕には身につかない
国家国民でいえば『民度』です

現在ニッポンに居住し生活してる外国人が238万人
訪日旅行者が今年2700万人突破確実
ここ数年、ものすごい勢いでグローバル化が進行してます
世界が身近に、世界が日常にあるニッポンです
まさに『One World』…世界はひとつです

2020のTOKYOはすぐのこと
ここでひとつ提案します
私たちは、時として「ガイジン」と発言表記したりしますが「外国人」と呼称するのが正しい
ガイジン発言は、それを受け取る側にたつと不快にとる場合がある
『ガイジン』は死語です

これからの時代を生き抜く若者たちには「世界を知り、ニッポンを知る」ことに積極的な行動を期待します
また、人生の終盤を歩むアナタには「老いは気持ちからやってくる」と申し上げ、近くのカルチャースクールで英会話の習得にチャレンジされてみてはいかがでしょうか~

▼オーストラリア:①ロックス ②ダーリング・ハーバー ③オペラハウス&ハーバーブリッジ



 

怖い絵展

 投稿者:山田義次メール  投稿日:2017年 8月26日(土)13時38分31秒
編集済
    極暑、酷暑、炎暑、挙げれば限がない今年の猛暑。暦の上では処暑も過ぎ例年なら暑さも和らいで、朝夕は凌ぎ易い時期ですが今年は格別、残暑はまだまだ続く様子。今日(8/24)は今夏一番の暑さの予報に、これでは堪らんと云うことで少しでも涼を求めて今、話題の「怖い絵展」に行って来ました。
場所はJR灘駅からミュージアム通りを南に徒歩12分、阪神電車では岩屋駅から徒歩5分の兵庫県立美術館です。設計は有名な建築家安藤忠雄氏、平成14年4月開館で海辺に面して建設され、自然の採光と陰影に富んだ複雑多様な空間を体験し実現する美術館として親しまれています。
今回、この美術館でドイツ文学者中野京子のベストセラー「怖い絵シリーズ」発刊十周年を記念して関西と東京で絵画展が開催されことになり関西では7/22~9/18まで開催されています。テーマは「恐怖」と云うことで、怖いもの見たさで8/19(土)現在で入場者10万人を超えている盛況の絵画展です。

会場は第1章から第6章にそれぞれテーマごとに分けられ、西洋絵画と版画の作品が100余点展示されています。会場に入ると何れの作品も多くの人で近づくのも大変です。特に話題の作品はゆっくり鑑賞するのも一苦労、でも頑張ってしっかり、じっくり鑑賞させて貰いました。中でも話題の作品は、会場内でひと際目立つ大きな縦251cm X 横302cmの大カンヴァスに油彩で描かれている「レディ・ジェーン・グレイの処刑」は圧巻でした。1833年ポート・ドラローシュの作品です。題材は16世紀デューダー期、無理やりイギリス初の女王にされた16歳の若き女王がカトリックとプロテスタントの抗争に巻き込まれた挙句にカトリック側に捕らわれ処刑されようとする瞬間を描いた作品です。
一見しただけでは怖い絵画に見えませんが作品に描かれている人物の表情、仕草、壁際に置かれている斧、目隠しされている若き女王、横で泣き叫ぶ侍女、何気なく置かれた斬首台と藁屑など、じっくり眺めていると悲しみと恐怖がジュワッと湧いてきます。これこそ、著者中野京子氏が言う「怖さは想像の友です。想像によって恐怖が生まれ、恐怖によって想像が羽ばたく」そのものではないでしょうか。話題の作品は他にも沢山あり時間の経過もついつい忘れてしまいます。鑑賞作品も終わりに近づくにつれて、身体はすっかり暑さを忘れていました。これは単に絵画保護のための温度調整だけでは決してないでしょう。

絵画展の楽しみ方は色々あり作品の事前知識も大切ですが、手軽に利用できる音声ガイドは必需品です。あれば是非借りることをお勧めいたします。今回は料金@550円で利用できました。各章の主だった作品18点のガイドを女優の吉田 羊がBGMにのせて語り、併せてボーナストラックとして作家中野京子が「怖い絵」シリーズの執筆理由と吉田 羊と違った角度から「レディ・ジェーン・グレイの処刑」の数奇な運命の解説をしています。作品の見方、作者の作成意図など音声ガイドを通して利用することにより楽しみも倍加し、鑑賞した甲斐が(絵画・笑い)がありました。

また、入場料は一般@1,400円ですが70歳以上の方は前売り券より安いお得な@700円です。ちなみに高校生以下は無料です。但し、何れも身分証明書が必要です。
今年の残暑はまだまだ続くとのこと。うだるような暑さに身も心も涼を求めて是非鑑賞にお出かけされては如何ですか。

写真、上段:県立美術館、中段:会場入り口、下段:カタログ
 

/80