投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


最近したこと感じたこと その243

 投稿者:矢ノ上治郎  投稿日:2017年 8月15日(火)08時36分23秒
   気象キャスター 倉嶋厚 さんが4日、93歳で亡くなった。各地の気象台長を歴任
定年後はンNHKで ニュースセンター9時の気象キャスターを担当した。
 エッセイストとして沢山の本を出した。うつ病を克服した自らの体験を記した やまない雨
はない はドラマ化され話題を集めた。

 晩夏の花には、ひと夏のさまざまな思いがまつわる。その花に一日花が多い。ムクゲ
フヨウなど、次々にツボミが開くので花期は長いが、花の位置は毎日違っている。
 それを芭蕉は 枝ぶりの日毎に変わる芙蓉かな と詠んだ。

                日本の四季 風のたより 雲のふみ より
 

無鄰菴:Murin-an

 投稿者:外山秀夫  投稿日:2017年 8月 3日(木)09時53分43秒
編集済
  暑中お見舞い申し上げます
京都は、連日の猛暑蒸し暑く「さすがキョウト、やっぱり京都の夏」を実感します

京都市・岡崎にある「無鄰菴」
この界隈には、南禅寺や平安神宮などの名の知られた場所がたくさん存在します
世界遺産でもなく、有名社寺でもない「無鄰菴」ですが結構外国人が多い

日本の庭園ナンバー7、の知名度は、日本国内より海外で認知されてるようです
明治・大正の元勲山縣有朋が造営した別荘です
東山を借景とし、琵琶湖疎水を引いた池泉回遊式庭園の作庭は、7代目小川治兵衛ですね

1903年(明治36年)
元老・山縣有朋、立憲政友会総裁・伊藤博文、総理大臣・桂太郎、外務大臣・小村寿太郎の4人が日露戦争開戦直前のわが国外交方針を決めたのが「無鄰菴」です
世に云う『無鄰菴会議』です
その部屋も見学できます

木造二階建ての母屋、茶室、煉瓦造二階建て洋館…
芝生、苔、石、瀬落ちなどの自然と野趣に満ち溢れた庭を散策してみて下さい
その『静寂な時間』は、きっと世俗の鬱陶しい事柄から「一時的」に解放される事でしょう


▼無鄰菴:京都市左京区南禅寺(画像クリックで拡大)
 

桂離宮:Katsura Imperial Villa

 投稿者:外山秀夫  投稿日:2017年 7月30日(日)10時24分51秒
編集済
  ドイツ人建築家のブルーノ・タウトが『涙が出るほど美しい』と評価したことで知られる「桂離宮」
アメリカの庭園雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』が毎年日本庭園のランキングを発表しています
2017年度の「第2位:桂離宮」です

今から400年前、1615年頃に造営を始めた八条宮家の別荘です
桂川の西岸に広がる約7万㎡の敷地に、池を中心に御殿や茶屋が配置され、建築と庭園が見事に調和した景観は、国際的にも高く評価されてます
外国人を魅了する桂離宮です
だから、日本人なら『死ぬまでに一度は見ておきたい』のが、Katsura Imperial Villa…
1㎞弱のコースを50分ほどで庭園観賞です(宮内庁案内人付き)

予約は3か月前にネットで取りました(逆に言えば、3か月先しかとれなかった)
修学院離宮や仙洞御所と同じく「当日枠」もありますが、こればかりは当日にならないと分からない

さてさて、桂離宮が第2位ならナンバー1が気になるアナタ
ご想像通り「足立美術館」です!
参考までにBEST10を列記いたします~

1・足立美術館
2・桂離宮
3・湯村磐城ホテル(山梨)
4・御所西 京都平安ホテル
5・山本亭(東京柴又)
6・養浩館庭園(福井)
7・無鄰菴(京都)
8・佳翠園皆美(島根)
9・栗林公園
10・庭園の宿 石亭(広島)

規模や知名度に左右されず、純粋にその美と質による外国人の評価です
日本人独特の「先入観」が入ってないことに注目下さい

何はともあれ「日本の庭園」は世界が絶賛する

▼桂離宮:京都市西京区桂(画像クリック拡大でご覧下さい)
 

祇園祭:3カット

 投稿者:外山秀夫  投稿日:2017年 7月25日(火)09時07分27秒
編集済
  7月1日から始まった「祇園祭」の行事もいよいよフィナーレまじかとなりました
蒸し暑い都大路で繰り広げられる「歴史ある伝統のGION Matsuri」は、疫病退散、安寧平和を願うみやこ人・町衆の心意気です

宵山~山鉾巡行(前祭・後祭)と精力的に取材?撮影に出かけた今年です
やっぱり「祇園祭」をナマで見ないとモッタイナイ!
日本の各地から、世界の人たちが高い交通費と宿泊料を出して「そうだ京都行こう」です
「動く美術館」としての世界的な評価も高い祇園祭です

両親ともに京都市生まれの京都市内育ち(五条)
今でこそ、京都府下に居住しているが「生粋の京都人」との意識があります
京都の町で行われる1年間の様々な伝統行事・神事は、この先千年、永久に継承していかなければならない

京都の中心部まで、たいして時間もカネもかからない「地の利」を生かさないとモッタイナイ
ニッポンの歴史を紡いできたKYOTOを「こよなく愛する古稀」です(笑)

昨日24日、後祭の風景のなかからご紹介します
老若男女、世界の人々が集う『ダイバーシティ』の3カットです

①KNTの支店があった(過去形)河原町三条:河原町ビルはただいまホテル建設中

②山鉾巡行を見つめるKIDSの様子が何とも微笑ましい、カワイイですね

③KNT四条営業所:四条通御幸町西入に位置し、前祭・後祭とも観覧できるベストロケーション、1軒おいて「JTB」です

▼祇園祭点景(画像クリックで拡大)
 

最近したこと感じたこと その242

 投稿者:矢ノ上治郎  投稿日:2017年 7月25日(火)08時38分38秒
編集済
  去る22日、114回目の 奈登美会 の行事に参加した。
毎年7月は最も暑い時期のため行き先の選定に頭を使います。
そこで殆ど1日中列車の中で過ごす 大都市近郊区間 の制度を利用するプランとなった。
関西では和歌山方面と今回の琵琶湖一周コ―スがある。料金は160円で実際に乗車の
経路にかかわらず最も安くなる運賃で利用できます。途中下車はできませんが、景色を
楽しんだりグループとの会話ができます。

 行程は奈良から加茂へ柘植で乗り替え草津へ、米原で昼食とトイレ休憩、近江塩津
から湖西線で大阪は、最終は関西本線で郡山で下車、9:11から16:29まで
約7時間の旅でした。

 私はこのコース5回目の利用ですがメンバーも変わり季節も違いますので毎回
新しい出逢いと季節ごとの風景を楽しむことができます。

http://を100

 

最近したこと感じたこと その241

 投稿者:矢ノ上治郎  投稿日:2017年 7月20日(木)18時54分56秒
  昨19日、大阪・フェスティバルホ―ルでの アルフレッドハウぜタンゴオ―ケストラ
を聴いた。2年ぶり9回目である。この楽団の初来日ななんと53年前とのこと今回で
24回目を迎えます。
 第1部は オレグアッパ から ラ・クンパルシ―タまでの14曲、私のすきな
 碧空 ジェラシ― などが演奏されました。第2部は私の最も好きな 黒い瞳
から 夜のタンゴ などの14曲、大編成の
迫力満点の2時間、十分堪能しました。



 我が家の菜園
 今、夏野菜の最盛期です。プロ級の方の指導をうけて3年、土作りが基本、これが
 実を結び、好天に恵まれたことあり大豊作です。特にキュウリは8日に2回目の
 植え付けをし今日初どりしました。

http://を100

 

京の街歩き「膏薬辻子」

 投稿者:外山秀夫  投稿日:2017年 7月16日(日)10時26分39秒
編集済
  祇園ばやしの鉦の音が都大路に響きます
前祭りの山鉾巡行が明日17日に控えた「宵山」の日に、山鉾巡りの古都歩きでした
猛暑であればこその「祇園祭」、蒸し暑いからこそ「京都」です

京都の街は碁盤の目、東西と南北の「通り名」を覚えればいたってカンタンです
四条通り(東西)と烏丸通り(南北)の交差地点が「四条烏丸」
そこから西へ歩くと「室町」「新町」「西洞院」「油小路」「堀川」…ランデンの「四条大宮」へと続きます
四条烏丸から東へ進むと「河原町」「川端」「花見小路」「東大路」…八坂神社ですね
京都の地理ほどカンタンな都市はない(札幌市も明確です)
東京はややこしい(笑)

さてさて、四条新町を過ぎてまもなく左へ(南)入る道があります(写真①)
祇園祭「郭巨山」のあるところです

『膏薬辻子』(こうやくのずし)です
歴史を辿れば、平将門が処刑され首が晒されたのがこの辺りです
その怨霊を鎮めた空也上人(六波羅蜜寺創建)の名前から由来しています
「空也供養」が訛って「膏薬(こうやく)」となったものです(決してクスリではない)

膏薬辻子は、幅2m、長さ150mほどで、石畳の小径を2回曲がって「綾小路」に出ます
「竹笹堂」(知ってる人は知っているお店)や「神田明神」があり、風情ある道を出ると「杉本家住宅」(重要文化財)です
杉本家は、祇園祭の時期に「屏風祭り」で公開される事で知られています
この界隈には、山鉾が「ヤマ」ほどあり「ホコ」っとするThe Kyotoを感じます

京都人は「路地」のことを「ろーじ」または「ろおじ」と発音する
そして路地は、突き抜けられない小道を言い表し「ドンツキ」がある
対して、突き抜けられる道が「辻子」あるいは「図子」と云い区分する

『辻子』は「ずし」と読み表現し、決して「つじこ」ではありません(笑)
前にこの掲示板に書いた(6月15日)『天使突抜』の町名のように『膏薬辻子』をご存知ならアナタも京都ツウの仲間入り

八坂神社の祭礼として認知されてる「祇園祭」ですが、元を辿れば「神泉苑」が発祥です
山鉾巡行の順番を決める「くじ取り式」の模様がテレビで流れるが、その昔江戸時代には「六角堂頂法寺」で行われていました(京都市議会場は近年のことです)

街歩きのそこかしこに、京都1200年の歴史が眠っています
暑いからと言って、ぼーっと眺め歩くだけではモッタイナイ「京都」です

▼膏薬辻子:京都市下京区新釜座町(クリックで拡大)

 

’17.07我が家の庭先の花々

 投稿者:富山 嘉一  投稿日:2017年 7月15日(土)14時03分49秒
編集済
  ’17.盛夏 .    上、中( ? ? らん)、下 ( むくげ )

http:// 

 

サクユリ(タメトモユリ)

 投稿者:堀田 弘メール  投稿日:2017年 7月12日(水)15時31分6秒
編集済
  梅雨はまだ明けそうにありません。梅雨明けは遅い方がよい。しかし、雨はほどほどにして貰いたいものです。
福岡県の朝倉市、大分県の日田市、大変な災害で、亡くなられた方、未だ行方不明の方共に多数、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします、
と共に、不明の方のご無事をお祈り申し上げます。
 朝倉市は、一説によりますと、その昔、女王卑弥呼の君臨した「耶馬台国」ではないか、と言われているところであります。特に災害の
酷い地としてテレビに出てくる「山田地区」は、その地名の残る地区と言われている。(草書体で解く・邪馬台国の謎:井上悦文著)
 以上は、花とは関係のない話です。
庭に咲く、一鉢のユリ、伊豆諸島に自生するサクユリ、源為朝にちなんで「タメトモユリ」と言われている。
 

文月の等持院(新緑・桔梗・半夏生)

 投稿者:外山秀夫  投稿日:2017年 7月 8日(土)09時00分23秒
編集済
  等持院は、京都市北区にある衣笠山の麓にある禅寺です
天龍寺~仁和寺~龍安寺~金閣寺に至る「世界遺産ロード」の中間点に位置するが、大抵の観光客は素通りします
外国人旅行者は、ほとんど立ち寄らない「穴場」です

しかし、等持院こそ「ツウ」の禅寺であります
お馴染みの夢窓国師の作である方丈前の庭には、今は「桔梗」「半夏生」がひっそりと静かに咲いてます
書院から眺める風景、庭に降りて散策すれば、きっと世俗の出来事を忘れる「至福の時間」が得られることでしょう

「安倍一強の緩み、驕り」「閣僚、議員のお粗末な言動」」「不安な世界情勢」…
今年の流行語大賞ノミネート確実の『忖度』『このハゲっ~~~』etc
学歴や職業やキャリアが、その人間性とは比例しない別物であることを世間に証明いたしました

禅の極意「照顧脚下」を噛みしめ「座禅修養」につとめていただきたい「恥ずかしい人」が存在するニッポン国であります

さてさて、等持院の由来は過去記事にも書いてますようにキーワードは…
足利尊氏をはじめとする歴代の足利家、天龍寺元管長・関牧翁老師の筆による祖師像
豊臣秀頼、そして近年では水上勉であります

市中では祇園ばやしの音色が響く京のみやこです
少し足を伸ばせば「静寂」の世界に身を置くことができるのがKYOTOです
蒸し暑いなかで、一陣の風がきっとアナタの心の平穏を呼び覚ますと思います

▼等持院:臨済宗天龍寺派(京都市北区等持院北町)



 

/79