teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Shane McKenzie の Infenity House

 投稿者:poweroftwo  投稿日:2017年 7月15日(土)16時58分40秒
返信・引用
  かなり前にダウンロードしたものを、ふと読んでみることにしました。
いつ、いくらだったかを調べようと、商品ページを見たら、「ない」
中古ペーパーバックが1冊あるだけで、電子書籍はなくなっていました。
大人の事情だか何だか。こういうこともあるんですね。

さて、内容ですが、一言でいうと、幽霊屋敷ものです。長さは、100ページ程度の小長編といったところでしょうか。

あまり裕福ではない(らしい)町で、子どもが連続して行方不明になります。Infenity Houseと呼ばれる家の老人が犯人で、家からは子どもの死体が多数発見され、老人の自殺によって、事件は終わります。かと思いきや、その家に面白半分に近寄った子どもたちがやはり行方不明になり、町の大人は子どもに近寄らせないようにしています。
それが背景。

主人公の少年マイクの家に強盗が入り、金と隠していた薬物を盗られてしまいます。
直後に、弟のビリーが、ネックレスを持って帰ってきます。聞けば、Infenity Houseの敷地を掘っていて見つけたとのこと。マイクは、貧しい町から弟を出してやりたいと考えており、そのための金を盗られてしまったため、Infenity Houseに隠されているという噂がある金や宝石を捜しに、弟を連れて出かけます。
家に入ってみると・・・
壁一面に張り付いた蝿。床いっぱいにうごめく蛆虫。ゾンビだか実体をもった霊だか分かりませんが襲ってくる子どもたち。その中を、いなくなった弟を探し回ります。

児童虐待ネタもあり、生理的不快感いっぱいで、ホラーとしては合格。
しかし、二点ほど気になったことがありました。
まず、4文字言葉連発で、読んでいていやな気分になってきます。いくら兄に弟への思いがあっても感情移入できません。
それから、兄弟の年齢が明記されていないことです。兄がどうやらハイティーンなので、弟も十代だと思っていたのですが、しばらくして、幼い男の子だと分かるんですね。映像なら瞬時に分かることでも、しっかり説明しないといけません。

そこそこ楽しみましたが、中古ペーパーバックについた7000円を出してまで読む価値は感じません。
コンスタントに作品を発表している作家のようですが、わざわざほかを読んでみようとも思いません。
 
 

「文学と超自然的恐怖」/『文学における超自然の恐怖』表記一覧

 投稿者:悲張正太郎  投稿日:2017年 6月24日(土)19時17分43秒
返信・引用
  当サイトの「「文学と超自然的恐怖」/『文学における超自然の恐怖』表記一覧」が完成しました。
「『恐怖小説史』ノート」ともども“使えるデータ”としてお役に立てれば幸いです。
 

「文学と超自然的恐怖」/『文学における超自然の恐怖』表記一覧

 投稿者:悲張正太郎  投稿日:2017年 6月 6日(火)22時00分18秒
返信・引用 編集済
  当サイトに新しく“「文学と超自然的恐怖」/『文学における超自然の恐怖』表記一覧”のページを設置しました(未完成)。
二つの翻訳による表記の違いを参照できるようになればと思って作っています。
まだ作り始めたばかりですが“『恐怖小説史』ノート”同様もしかしていつか誰かのお役に立つことがあれば幸いです。

Kは国書刊行会「文学と超自然的恐怖」のK、Gは学研『文学における超自然の恐怖』のG、参考のTはThe Tale of Terror のTです。本来は『恐怖小説史』は牧神社だからBなのですが、最初にTで始めてしまったため、Bに変更してみたら見た目ですごく違和感を感じてしまってTに戻しました。なぜかは分かりません。まあ縦にKGBと並ぶこととは関係ないですが。

追記:自分で考えた理屈を今思い出しました。KとGは同じ著作だから出版元で区別する。Tは別の本だからタイトルの頭文字を取る。だけど『恐怖小説史』からKを取ったら国書とかぶるので原書からTを取った。くどいけど上の説明の補足でした。しかしくどいなー(笑)。
 

Re: SF最後の巨人のノヴェラゼーション

 投稿者:悲張正太郎  投稿日:2017年 4月 9日(日)20時41分28秒
返信・引用 編集済
  > No.451[元記事へ]

「SF最後の巨人」は見たことなかったのでYouTubeにある十ほどの予告編を見てみました。1975年の映画で時代設定は2012年だそうで。ユル・ブリンナーとマックス・フォン・シドーの共演ですか。マックス・フォン・シドーは「ニードフル・シングス」に出てましたね。ユル・ブリンナーはここではめっちゃ強いけどナイフがあれば普通にブスブス刺しちゃうのでファンタスティックな感じではなく、原題のThe Ultimate Warriorというのも前に「戦場の」が付いているほうがふさわしいような……。SFというのは荒廃してしまった世界設定のことで巨人というのはまあ比喩ってことなんでしょうかね。感想など見ると評価的にもマッドマックスから北斗の拳につながる作品のようですね。たしかにアクションなどそのまま細かに書いたら読むのはしんどそうな感じでありました。

いやしかしpoweroftwoさん、守備範囲そうとう広いですね。すごいです。
 

SF最後の巨人のノヴェラゼーション

 投稿者:poweroftwo  投稿日:2017年 4月 9日(日)08時58分51秒
返信・引用
  お久しぶりです。このところ非ホラーを読んでいました。
これとて、ホラーとは言い難いのですが・・・

ワーナー・ブックス、142ページ。活字は細かいです。

映画は公開時もテレビ放映時も未見。米盤DVDを注文し、読んでいる途中で届いたので、見てから続きを読み進めました。

この本の特徴は2つ。
・映画に非常に忠実。映画を見てからの後半、読むのが苦痛になるほど、そのまんまでした。
・執拗なまでの書き込み。
 映画は低予算のこともあり、向こう三軒両隣での話ですが、環境破壊により、食糧危機、海洋、土壌汚染が進んだことがこってりと説明されます。監督がロバート・クローズなので、アクション(格闘)は迫力がありますが、その一挙手一投足をこってりと書いているので、スピード感を削いでしまっています。
まだビデオが一般的でなかった時代に、この映画好きで好きでたまらない人が手元の置いておく本てなところでしょうか。

一番の驚きは、書いたのが「歯と爪」のビル・S・バリンジャーだということです。叙述トリックの雄が、こんなB級映画のどこにほれ込んだのか?
さっぱり分かりません。
 

『恐怖小説史』ノート

 投稿者:悲張正太郎  投稿日:2017年 1月25日(水)13時00分0秒
返信・引用
  当サイトの「『恐怖小説史』ノート」のページが一応完成しました。
牧神社の『恐怖小説史』のページ数から引く形で利用できるようにしたつもりです。
まだまだ見づらいと思いますがお役に立てれば幸いです。
なお、翻訳データは種類の多いもの、極端に古いもの、入手困難なものについては割愛しています。
 

Re: あけましておめでとうございます

 投稿者:悲張正太郎  投稿日:2017年 1月 5日(木)21時34分6秒
返信・引用
  > No.447[元記事へ]

こちらこそ今年もよろしくお願いします。

「猫とカナリア」1927年のサイレント映画ですか。まったく知りませんでした。怪奇スリラーに分類されるのに聞いたこともなかったというのは、いかに知らないことが多いのかを思い知らせてくれます。
インターネットアーカイブにあるので冒頭だけ見てみました。いや、正直言うと寝不足からか10分ほどで気を失ってしまいました(笑)。しかし手で撫ぜるタイトルの出し方とかグロテスクな城のシルエットから並んだ瓶に変じる映像とかは時代を考えるとかなり凝っていると感じました。眠くないときに再チャレンジしたいと思います。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:poweroftwo  投稿日:2017年 1月 3日(火)19時47分2秒
返信・引用
  今年もよろしくお願いします。

昨年は暮れに、「猫とカナリア」を読んだきりでした。

パウル・レニの映画の原作戯曲です。ずっと読みたいと思ってきて、ようやく見つけました。
映画はサイレント期の名作とされていますが、製作が後にドラキュラやフランケンシュタインと関わるカール・レムリだからか、お屋敷のおどろおどろしい雰囲気は怪奇映画そのものです。
さて、原作はどうかというと、「20年前に死んだ主人の霊が現れる」「使用人がブードゥー女」という設定はありますが、怖さは全くありません。
その代わり、ミステリ劇としては、とんでもない面白さです。ただし、途中までは。
遺言状を開けることになり、屋敷に関係者が集まってくる冒頭には、わくわくします。
近隣の精神病院から患者が逃げ出し、弁護士が行方不明になる第1幕は、先が気になって止められない面白さです。
第2幕ではいよいよ殺人事件。
しかし、
こんなに面白くてどうなるんだろうと期待が高まっていたら、第3幕でとたんに失速。
遺産を相続するには「正気であること」が条件で、相続人に指定された若い女性を怪しい人たちが精神的に追いつめていくのですが、その女性というのが結構強気なので、「ガス燈」のようなサスペンスがまるで盛り上がりません。
しかも痴話喧嘩をしているうちに、いつの間にやら犯人が判明し、あっけなく幕。
映画も、終盤では警官隊が乱入してきてドタバタ喜劇みたいになり、怪奇ムードは全くなりなりますが、原作の失速ぶりも負けてはいません。でも演出と潤色しだいで、見ごたえのある演劇になるのかもしれません。
どこかの劇団がやってくれたら、是非見てみたいです。

ちなみに、人物の動きや立ち位置が細かく指定され、戯曲というよりは上演台本といった感じで、読み物としては鬱陶しさがありました。
 

ハヤカワ文庫・モダンホラーセレクション・リスト更新

 投稿者:悲張正太郎  投稿日:2016年12月31日(土)20時16分40秒
返信・引用
  大晦日ですが「ハヤカワ文庫・モダンホラーセレクション・リスト」を更新しました。
〈モダンホラーセレクション〉カバーのロバート・ブロック『サイコ』がない可能性が高いので、
コレクター的観点からすると誤解を生じるおそれがありました。セレクション終了間際に出た
『マンティス』も同様。なので注釈を書き換え、表の体裁および一部データも見直しました。
 

Re: ハロウィンのノベラゼーション

 投稿者:悲張正太郎  投稿日:2016年11月 8日(火)22時21分45秒
返信・引用
  > No.443[元記事へ]

そういえば日本ではここ数年ハロウィーンはかなり盛り上がっている(渋谷とニュース内だけ?)ようですが、映画の「ハロウィン」の方は取り上げられないどころかまったく忘れ去られていますね。とか言ってる私自身もはるか昔TV放送で見ただけなのであまり覚えていませんが。

1990年の時点では二つのインタビュー記事の紹介で、ジャック・マーティン名義で「ハロウィンⅡ」「ハロウィンⅢ」「ザ・フォッグ」「ビデオドローム」を書いていることは明記してあるのに、このカーティス・リチャーズ名義の「ハロウィン」には触れていません。もしかしたら契約などの関係で公表できなかったのかもしれないですが。

デニス・エチスンは1943年生まれで実はキャリアもキングより長いんですよね。もっと紹介されてしかるべき作家だと思います。『13日の金曜日』が翻訳されているのだからこれも今からだって出てもいいと思うのですが。ハロウィーンに合わせてDVD再発売などとコラボ(?)するとか……。だめかな。

映画との違いなどマニアックで貴重な情報、ありがとうございました。久しぶりに「ハロウィン」見たくなってきました。DVD探そうかな。
 

レンタル掲示板
/32