teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/325 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 神保町ブックフェスティバルに行ってきました

 投稿者:悲張正太郎  投稿日:2017年11月 5日(日)21時36分58秒
  通報 返信・引用
  > No.462[元記事へ]

> 駿河台下で、50%オフのワゴンにいきなりつかまり、主に80~90年代のペーパーバックを6冊、570円。

横断歩道を渡ったところにある角の洋書古本店ですね。買ったことはないのですが昔よく覗いてました。
David Darkeはロン・ディー(Ron Dee)として書いていた人ですね。Blood Lust や Dusk などを識者のどなたかがタイトルをあげていたように思います。
Michael Reavesは70年代後半から80年代にかけてSFが多かった人。個人的なリストにはありましたが頭の中に情報はなし。
Katina Alexisは私の持っているリストで先頭の人(笑)。1982年にYoung Bloodでデビュー。リストには5作しかないのであとでその後を調べてみよう。
Garfield Reeves-Stevensは Nighteyes と Dark Matter がどんな話なのか興味ありました。どこかでUFOか宇宙関係だとあったような朧げな記憶が。
J. F. Gonzalez は化け蟹ホラー Clickersシリーズを Mark WilliamsやBrian Keeneと共著してる人。
Joseph Locke は聞き覚えがないと思ってリストを検索したらレイ・ガートンの主にYA作品の時の名義でした。エルム街のノベライズは4と5ですね。
それだけでも結構なお宝というかコレクターアイテムだと思います。
ダグラス・クレッグも一時よく名前が上がったのですが未だ翻訳されませんね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/325 《前のページ | 次のページ》
/325