teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/314 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

SF最後の巨人のノヴェラゼーション

 投稿者:poweroftwo  投稿日:2017年 4月 9日(日)08時58分51秒
  通報 返信・引用
  お久しぶりです。このところ非ホラーを読んでいました。
これとて、ホラーとは言い難いのですが・・・

ワーナー・ブックス、142ページ。活字は細かいです。

映画は公開時もテレビ放映時も未見。米盤DVDを注文し、読んでいる途中で届いたので、見てから続きを読み進めました。

この本の特徴は2つ。
・映画に非常に忠実。映画を見てからの後半、読むのが苦痛になるほど、そのまんまでした。
・執拗なまでの書き込み。
 映画は低予算のこともあり、向こう三軒両隣での話ですが、環境破壊により、食糧危機、海洋、土壌汚染が進んだことがこってりと説明されます。監督がロバート・クローズなので、アクション(格闘)は迫力がありますが、その一挙手一投足をこってりと書いているので、スピード感を削いでしまっています。
まだビデオが一般的でなかった時代に、この映画好きで好きでたまらない人が手元の置いておく本てなところでしょうか。

一番の驚きは、書いたのが「歯と爪」のビル・S・バリンジャーだということです。叙述トリックの雄が、こんなB級映画のどこにほれ込んだのか?
さっぱり分かりません。
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/314 《前のページ | 次のページ》
/314